未分類

お金で幸せは買える!

お金で幸せを買えると思いますか?

大半の方は「買えるわけない」と思うのではないでしょうか。

お金で幸せは買えないという定説に、ハーバード大学の准教授マイケル・ノートン氏が異を唱えます。

*字幕を日本語にして視聴ください。

あらすじです↓

自分のためにお金を使っても幸福感は上がらないのですが、人のためにお金を使うと幸福感があがるというのです。

実験は、5ドルから20ドルを大学生に渡して、夕方までに使ってくる、これを2つのグループに指示します。

グループの違いは、あるグループは自分のために使う、もう一方のグループは他者のために使うというところです。

指示を出す前と、夕方に自身の幸福度の調査すると、前者グループは変化がなかった、一方で後者グループは幸福度が増したというのです。

そしてそれは、金額の大きさとも関係なかったのです。

これはとても興味深い。

人は誰しもお金が欲しいと思うもの、それはお金があれば欲しいものを買うことができたり、豪華なディナーを楽しむことができたり、世界中を旅することができたり、働かずに生活できたりする。

それが自身の欲求が満たされる、欲求が満たされれば幸福感に繋がると思うから。

でもそれって、自身の欲求を満たす行為であって、究極的には幸せになる手段じゃないのかも。

実験の金額の大きさは関係がなかったことから、裕福ではない平均的な人や貧しい人であっても、他者貢献のためのお金の使い方をすると自分自身が幸せになれる。

実験の結果はそういうこと。

ただし、これを事あるごとに続けて果たして幸福感は持続するのでしょうか。

しばしば、他者のためにお金を使う。

時々だからこそいいのかもしれませんが。

配当くん
人のためにお金を使ってばかりで、それで満足ならいいね!




平均年収、賃金上昇率、世代別平均年収の実態を知る

続きを見る

【Kindle Unlimited】読み放題1か月無料で勉強する

続きを見る

資産寿命を延ばすために必要だと思うこと、最多回答は「現役で働く期間を延ばす」(41.3%)

続きを見る

月の配当金が通信費を超え、食費を超え、家賃を超え、いつか生活費を超える日を楽しみにしてる

続きを見る

世界人口は先30年で20億人も増えるが、残念ながら日本人は減っていく運命

続きを見る

-未分類

© 2021 配当くんブログ Powered by AFFINGER5