未分類

【VYM】395銘柄に分散されていてトータルリターン年5.84%?

わたしは、楽天VTIやS&P500インデックスなどへの長期投資を、iDeCoや積立NSIAなどの非課税枠を利用し、ドルコスト法で実践することを推奨しています。

また、投資余剰金があり配当金を楽しむ投資をしたい場合、個別株ではなく高配当株式ETFの買い付けが望ましいと考えています。

実際、わたしは米国高配当株式のVYMを保有しています。

ここでは、VYMについてまとめています。

VYMの基本情報は?

VYMとは、海外ETFのひとつで、正式名称はバンガード米国高配当株式ETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)です。

VTやVTIなど人気のETFを数多く提供するバンガード社のETFです。

*ETFとは、投信信託を株式市場に上場させ、株と同じように即時に単元単位で売買できる商品で、Exchange Traded Fund の頭文字です、日本語で「上場投資信託」です。

VYMの構成株式銘柄数は、395の企業になります。

価格:83.0500ドル(2020年8月8日)

配当:2.95ドル(配当利回り3.60%)

*VYMの分配金は、年4回、権利落ちは3、6、9、12月です。

☆保有上位10銘柄は以下になります。

  1. Johnson & Johnson 4.3%
  2. JP Morgan Chase & Co. 3.4%
  3. Procter & Gamble Co. 3.3%
  4. Intel Corp. 2.8%
  5. Verizon Communications Inc. 2.7%
  6. AT&T Inc. 2.6%
  7. Merck & Co. Inc. 2.4%
  8. Pfizer Inc. 2.2%
  9. Coca-Cola Co. 2.1%
  10. Cisco Systems Inc. 2.1%

*純資産総額に占める上位10銘柄の割合は27.9%です。

☆セクター別で構成比率は以下になります。

  1. ヘルスケア 16.2%
  2. 金融 15.8%
  3. 消費財 15.0%
  4. テクノロジー 11.2%
  5. 公益 10.0%
  6. 消費者サービス 9.1%
  7. 資本財 8.4%
  8. 石油・ガス 5.5%
  9. 通信サービス 5.5%
  10. 素材 3.3%

ジョンソンエンドジョンソン、P&G、インテル、ファイザー、コカ・コーラなど、日本で生活していても日常的に触れる製品やサービスを提供している企業が多いです。

REIT(不動産)は除外されていることも特徴です。




VYMの過去のリターンは?

直近10年の推移です。

これまで高配当を出し続けてきましたが、このように価格自体も右肩あがりできています。

これなら年4回の配当のみならず、長期でいれば値上がり益も確定できそうです。

つまり、インカムゲイン(配当金)とキャピタルゲイン(売却益)も期待できる商品なわけです。

(*将来はわかりません)

☆平均年次リターン(配当込み)は以下になります(2020年3月31日まで)。

  • 四半期 -23.96%
  • 年初来 -23.96%
  • 1年間 -14.71%
  • 3年間 0.05%
  • 5年間 4.00%
  • 10年間 9.31%
  • 設定来(2006年11月10日~) 5.84%

コロナショックで、四半期(年初来)、1年間、3年間のトータルリターンはさえません、注目は10年間や設定来の長期のリターンです。

①売買手数料:1取引あたり約定代金(売買時のみ)です。

  • 2.22ドル以下:0円
  • 2.22ドル超~4,444.4ドル:約定代金の0.495%(税込)
  • 4,444.45ドル以上:22ドル(税込)

*これは米国個別株を買うのと同じです。

②経費率(信託報酬):年0.06%

ETFの信託財産(純資産)の中から徴収されます、ETFの純資産から毎日、日割りの信託報酬が引かれています。

このように、手数料はトップレベルの安さです。




わたしが保有する理由

VYMの構成株式銘柄数は395です、つまり、VYMを1購入すれば、米国株395銘柄の株主になったも同じです。

非常に幅広く分散されています、高配当株式ETFとして同様に人気のSPYDやHDVよりも構成銘柄は多いです。

また、景気好況に影響を受けやすいREIT(不動産)を包括しておらず、比較して生活必需サービスが多いことが特徴です。

長期投資家であれば、配当3.60%(現在)、リターン(配当込み)は5.84~9.31%(過去)を期待することができます。

配当金を楽しみたいなら安心して保有できます。

配当くん
インカムゲインも楽しめるし、キャピタルゲインも期待できそう
長期でインデックスに勝てる個人投資家は3%以下

続きを見る

「あなたは今後もずっと働きたいですか?」「はい」がまさかの15.8%

続きを見る

お金をリスクに晒せて変動させるために、リスク許容度を大きくする

続きを見る

-未分類

© 2021 配当くんブログ Powered by AFFINGER5